キャンペーン

患者様の声一覧

寝ている時、夜中につってしまう足、原因は?予防は?

寝ている時、夜中につってしまう足、原因は?予防は? クリック

一日の動き続けて疲れてしまった身体を癒してくれる睡眠、人によってはとても大切にして質の高い睡眠をとったりしている方もいると思います。

睡眠には休憩のほかにストレス解消、免疫力にも関与してくるために健康にも大いに関わってくるものになります。そのような中寝ている間に足がつってしまう。ということで痛くて起きてしまったという経験をされた方は多いと思います。スポーツ選手が激しく動いていて足をつって倒れているのは見たことあると思いますが、そんなに激しく運動することもなく、強い疲労感がない時でも足がつって目覚めることがあると思います。

この現象がたまになる方がほとんどだとは思いますが、頻繁に起こると考えると睡眠不足になったり大きなストレスになり体調不良につながってしまう恐れもあります。そんな足がつってしまうということの原因を解説します。原因を知ることで予防もしやすくなると思います。

まず筋肉の細胞は収縮などの活動を行う際に、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、水素などを使用するためこれら物質のバランスはとても重要になります。またこれらのバランスは健康な人ならば過剰分は尿や汗により排泄されバランスの取れた状態を保ちますが、睡眠をしている時は多くの汗をかくことで脱水傾向にあります。寝ているため水分補給もすることないままで心拍数も減り、血行は低下し夏場なら冷房がついているため筋肉も冷えることで血管が細くなりさらに血行が悪くなることで筋肉内のバランスも崩れてしまいます。

そのようなときにたまたま寝返りをうってしまうと筋肉の細胞が暴走し、過剰な収縮を発生させることがあります。

また中年以降の人ほど足をつりやすくなりますが、これは運動量が低下することで循環が若いときに比べて悪くなることで疲労物質が排出ししづらくなり足がつりやすくなります。

足をつったとしても一過性の現象のためストレッチやマッサージを行うことで十分となります。足を伸ばしつま先に向かって手を伸ばすようにするとふくろはぎを伸ばすことができます。

予防法としては規則正しい生活を心がけること、バランスの取れた食事、適度な運動とその後のストレッチ、ミネラルを含む水分の積極的な補給、アルコールやたばこの減量などをすることが予防になります。ほかにも仰向けで重い布団を使うと足首の関節が伸ばされ足がつりやすい状態になるので軽い布団にしたり横向きで寝るように心がけたりするのも有効です。

 

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

簡単に免疫力を強化できる⁉カギはヒートショックプロテインにある

簡単に免疫力を強化できる⁉カギはヒートショックプロテインにある クリック

まず初めにヒートショックプロテインという言葉を聞いたことがあるでしょうか?この記事を書いているときはコロナ禍にあり様々な免疫に対する情報にも注目が集まる中もしかしたら見かけたことあるたが方もいると思います。

このヒートショックプロテインというのは、重要な役割を持つたんぱく質になります。その役割というのが壊れたたんぱく質の修復、治せない場合には分解しておく働きがあります。通常の場合、タンパク質はきちんと働くために、正しい立体構造を保つことが重要になってきますが、紫外線や物理的刺激などのさまざまなストレスによってこのタンパク質の立体構造が崩壊してしまい、うまく働けなくなってしままいます。そんな時にヒートショックプロテインが働き、タンパク質の立体構造の再構築、再構築できない場合には壊すことで邪魔になるものを減らすようにします。

他にもヒートショックプロテインは乳酸の発生を遅らせることや免疫力をあげる働きを持ちます。

それではそんな働きをもつヒートショックプロテインはどのように免疫力をあげてくれるのかをお話しします。

ヒートショックプロテインと免疫

ヒートショックプロテインが免疫力を上げる、という考え方は免疫細胞を作り出す、というわけではなく免疫細胞の能力を増強する働きを持ちます。

がん細胞や病原体、異物を食べて死滅させる力を持つNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させることでより免疫力を強くすることや、体に侵入している異物などの死骸を他の免疫細胞に提示してより多くの免疫細胞が働く仕組みが人間には備わっていますが、この、異物の死骸を提示する働きを強めることで提示される免疫細胞がより見つけやすくさせる働きを持ちます。

これらの働きによって免疫システムが効率よくなるため、免疫力アップに繋がります。

ヒートショックプロテインの増やし方

次にこのヒートショックプロテインの増やし方を紹介いたします。

ヒートショックという名の通り、熱のストレスが体にかかることでヒートショックプロテインは増加します。これは入浴でも増やすことができる、ということで紹介するのは入浴法になります。

まずは平熱を測り、平熱から1.5度上がるまで入浴することが理想とされます。そのためには40度のお湯に20分、慣れないうちは休憩を挟みながら合計10分入り、休憩できたらお湯の温度をあげてからまた10分はいるようにすれば体温が上がります。入浴前に水分補給をしっかりとして、入浴中の脱水症状の予防やのぼせなどのリスクがあるため無理はしないように注意が必要です。

この入浴法によって増えたヒートショックプロテインは1週間ほど残り効果を発揮します。

ピークは入浴から2日後になるので1週間に2回ほどすると効果が持続した状態を維持できるでしょう。大切な用事のある2〜3日前にこの入浴法を行うのもいいかもしれません。

 

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

慢性的にやってくる頭痛、あなたはどのタイプ?対策は?

慢性的にやってくる頭痛、あなたはどのタイプ?対策は? クリック

日本人のうち約4千万人が慢性頭痛を抱えていると推定されています。頭痛は軽いものだと気にすることなく仕事などの作業に集中することもできますが重いものになると身動きを取ることができないくらいつらいものになったり、日常生活を送るうえで支障をきたすほどのものになることもあります。鎮痛剤などの薬を服用すれば楽になるという場合も副作用で眠くなったりしてしまう。眠くなりにくいものも合う合わないが存在したり付き合っていくのに苦労する方も多いと思います。

そこで今回は頭痛のタイプ分けをして自分はどの頭痛なのか理解し対策などをご紹介します。

 

①.緊張性頭痛

こちらの頭痛は書いて字のごとく、筋肉の緊張によって引き起こされる頭痛になります。主に首肩の筋肉が凝り固まってしまったことによって血流がわるくなります。すると老廃物質が溜まって行き発痛物質も溜まり周囲の神経に影響を及ぼし痛みを誘発します。

筋緊張性頭痛は最近される方も多くなったデスクワークによってパソコンなどの前でお仕事をされる方に多く見られます。首肩のコリの多くは長時間にわたる同一姿勢が続くことによりおこります。

症状は肩こりなどによる重だるさ、目の疲れなどとともに締め付けられるような頭痛を自覚します。頭痛以外に大きな症状は見られないといわれているものの激しい頭痛になれば吐き気を催すこともあります。

予防法は長時間の同一姿勢をとらない、首肩の血流を上げることが予防になります。気づいた時に姿勢を変えたり大きくストレッチをすることで筋肉のポンプ作用を使用し悪くなった血流を意識的に流すことで予防を図ります。

頭痛が始まった際には首肩を温め血流を良くすることと、精神的ストレスによる体の緊張が頭痛を引き起こすこともあるため気分転換をすることが重要になります。

 

②.片頭痛

こちらは多くの人が聞いたことある頭痛と思いますが、血管が拡張し三叉神経という神経が刺激され、その刺激により炎症物質を放出しそれがまた血管を拡張させ痛みを発生させます。痛みの特徴は拍動とともに痛みがズキズキとやってきます。数時間で収まる人もいれば三日も続く、それが週に一度定期的に来る方もいます。

片頭痛は心身のストレスから解放されたときに血管が拡張され発生することがあり休日に発生することもあります。そのほかにも寝不足、ホルモンバランスの乱れ、強い光や音の刺激も誘因になります。

また片頭痛には頭痛が出る前の兆候があります、肩こりの自覚、匂いや音に敏感になる、視界にきらきらした光がみえたり視界が歪んで見えたり、様々なものがあります。これらも血管の拡張による神経の圧迫によって発生します。

対策としては、片頭痛が起きるまでの間に誘因となりそうものをメモしておくことで気を付けるべきことを理解することと、規則正しい生活を送り生活リズムを作ることが大切です。

片頭痛が起きた際には冷やして安静に過ごし適量のカフェインを含んだものを飲みましょう。血管を収縮させる作用があります。

 

このように頭痛にも様々な特徴がありそれぞれの違いも大きいため対策なども変わってきます。しっかりと自分の頭痛のタイプを見極めセルフケアをしていきましょう。筋肉のコリなどは接骨院の得意とするところですので、お困りの際は一度ご連絡ください。

 

頭痛のお悩みを相談したい方はここをクリック

 

 

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

腰痛に効果的なストレッチをご紹介

腰痛に効果的なストレッチをご紹介 クリック

身体のお悩みとしてよく上がる腰痛ですが、多くの整骨院でも患者さんの通う要因になり、肩こりと1,2を争うほどお悩みとして多く上がります。そのような状況にも関わらず、我慢できる痛みだから、年齢によるものだから付き合っていくもの、と考えあきらめてしまっている方が多いです。そのような方にあきらめる前に試してほしいストレッチをご紹介いたします。

まず腰痛は長時間の同一姿勢、短い時間でも姿勢が悪いことが身体には大きな負担となり蓄積します。それが連日のデスクワークなど仕事によって続くことにで筋肉にコリやハリなどが現れ短縮したり、動きが悪くなります。すると筋肉は骨に付着しているため、骨格に歪みが生まれ、より姿勢が悪くなる。体を支える筋肉がある背中や腰に負担が増え筋硬結ができることで痛みが現れたりします。このように腰痛は原因も様々で発生までに複雑化することもありながら痛みの原因の筋肉は動くことも少ないため固まりやすく慢性化、治りも遅くなってしまいます。

①.大腰筋ストレッチ

1.まず片膝立ちになります。(フローリングなどで行う場合は膝の下にタオルなどを置いてもいいです)

2.前がかりになりながら膝をついてる側の腰を同側の手で押します。(太ももの前が強く伸びていることを感じながら行いましょう)

バランスを取りづらい場合は壁などの近くで支えを使いながら行いましょう。

大腰筋は腸腰筋と呼ばれる筋肉のひとつでインナーマッスルでもありますが、姿勢を支える筋肉の中でも重要な役割を持ちます。

 

②.腰方形筋ストレッチ

1.あぐらで座り片方の足を伸ばします

2.伸ばした足と同側の手は反対の足の膝を抑え、伸ばした足と反対側の手を頭の横に当てます

3.この状態で体を伸ばした足の方向へ倒します。体の斜め後ろあたりが伸びていることを感じましょう。

腰方形筋は奥深くにありながら腰痛の際に痛みの出やすい筋になります。自分で揉んだりすることも困難なのでストレッチをして細かく状態確認をすると腰痛予防につながります。

 

③.大殿筋ストレッチ

1.椅子に座ったところから伸ばしたいほうのお尻と同側の足首を反対の膝にのせます

2.背筋を正したままふくろはぎに胸を近づけるように体を倒します

3.お尻が伸びていることを感じましょう。

何故お尻をストレッチするのか?と思った方もいると思います。腰の筋肉の状態が悪いと筋膜でつながっているお尻の筋肉も状態が悪くなりやすいです。反対も然り、そのため腰痛の予防としてお尻のストレッチをすることが重要です。

 

今回は腰痛のお悩みがある方に試していただきたいストレッチを紹介しました。ストレッチはやればやるだけ結果につながります。目に見えた結果が出るのは一か月ほどかかるかもしれませんが継続することが重要になります。筋肉全体の状態が良ければ身体を動かす際の筋肉の負担も減るため痛みが出づらい、動かしやすくなる、といった効果が出ます。

しかし筋肉の中でも凝り固まった筋線維はストレッチでも解決することは困難です。もみほぐし、免疫システムを使い解決しなければなかなかとり切れません。凝り固まった身体によって腰痛が出ているかもしれない…そう思う方は一度ご相談ください。

 

腰痛、凝り固まった身体にお悩みの方はここをクリック

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

シビレはどうして起きるのか?中原区の整骨院

シビレはどうして起きるのか?中原区の整骨院 クリック

長い時間の正座やあまり慣れていない体勢での睡眠、人によってはあぐらで座っていたあとなど身体の一部がシビレてしまった経験があると思います。ほかにも後遺症でシビレが残ったり、何かを境にシビレが出るようになったり人それぞれの理由でシビレを感じたことがあると思いますがシビレとはどうしてなるのかをお話しします。

 

まずシビレというのは体の中を通る神経などの感覚系の経路に何かしらの問題が起きることで出現します。

多く上がるのは神経に圧迫や絞扼がかかってしまうことで神経への血流が滞ることで起きるシビレです。手根管症候群や肘部管症候群、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などがあります。

手根管症候群は手の手根管という手につながる神経、血管、筋、腱が通る部位が存在しますが、神経などをまとめるための靭帯が何かしらの原因によって神経を圧迫してしまうことで手のひらや指にシビレが出現します。仕事やスポーツによる過度の疲労、更年期や妊娠した女性に多く見られることもあるためホルモンバランスなどが原因になると考えられいますが不明なことが多いです。

椎間板ヘルニアは脊柱の椎骨同士の間にある椎間板というクッション材の役割を持つものが一部飛び出てしまったものをいいます。脊柱から神経が出て末梢へつながりますが飛び出した部分が神経を圧迫することで腰、お尻、足にシビレが出現します。悪化すると筋力低下、排尿障害などにつながる恐れがあります。

脊柱管狭窄症は年齢による脊柱、脊柱に付着する靭帯などの変形によって脊柱管内を通る神経を圧迫することで足にシビレが出現します。脊柱管狭窄症には特徴的な症状が存在します。それは間欠性跛行と呼ばれるもので数分から数十分を歩くと足にしびれが出てきてしまうものの数分くらい前屈みの姿勢で休憩をすればまた歩けるようになるものを言います。

ほかにも筋肉が凝り固まってしまうことでシビレを誘発することもあります。多いのは首や肩から腕にかけてのシビレですが首は頭を支えたりなどのため多くの筋肉が複雑に集まり、常に働いているため疲労もしやすいです。そのために首の脊柱から出る神経を圧迫しやすくなります。圧迫がかかることでシビレが出るのは上記の通りになります。

 

ほかにも閉塞性動脈硬化症糖尿病などでにかかることでシビレが出現することがあります。これらの病気にかかると動脈硬化を引き起こし、神経を栄養する栄養血管に血液がうまく届かなくなり指先などの末梢血管などから体の異常を知らせるためにシビレがでます。放置していると痛みにへ変化します。

ビタミンの欠乏によってもシビレは起こります。ビタミンは体のなかで様々な細かい調節をするために使用されますが近年みられるようになった極度の偏食や慢性アルコール過飲者はビタミン欠乏になりやすく増加傾向にあります。ビタミン不足で有名な病気は、脚気があります。

 

上記のように様々な原因によるシビレがありますがやはり多いのは筋肉の凝り固まったものなどが多いです。

筋肉は凝り固まってしまうとシビレだけでなく色々な影響を及ぼすため理想は筋肉のコリ、ハリがない体になることがベストです。

 

シビレのお悩みがある方はここをクリック

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

骨盤矯正グッズは効果があるのか?

骨盤矯正グッズは効果があるのか? クリック

骨盤は体の骨の中でもかなり中心に位置し上半身と下半身の両方の動きに強く関与するためとても重要な骨になります。

骨盤には背骨が関節していますし、下では大腿骨が関節しています。筋肉だと骨盤から頭までくっついている筋肉もあれば、骨盤から膝より下にくっついている筋肉もあります。このように数多くの筋肉が複雑にくっついている骨盤が前傾したり後傾したりなどの歪みが存在すると、引っ張られる筋肉があれば縮む筋肉も出てきてしまい、バランスが崩れてしまいます。バランスが崩れるとポッコリおなかや反り腰、猫背、肩の高さが違って見えたりと、スタイルに出ることもあれば腰痛の原因になったりと体の多くの悩みにつながってもおかしくありません。

そのために多くの骨盤の矯正グッズが存在します。椅子に置くことで姿勢を正して座ることのできるサポートチェアーやベルトで締め付けて姿勢を正すもの、ドーナツ型のクッションなどがあります。

しかし、これらの矯正グッズの多くは意識して使用しなくては効果を最大限発揮することが難しいです。またこのようなものはメリットがあればデメリットがあります。サポートチェアーは座っている間は骨盤を正しい位置にすることができ、腰痛などの予防にすることができますが、あくまでも座っている間に限られてしまいます。ほかのことをして座る以外の時間のほうが長いのであれば効果は少なくなってしまいます。ドーナツ型のクッションも同様になってしまいます。

ベルトやコルセットに関しても体に巻き付けることによって筋力不足の筋肉の代わりとして引き締める効果をもたらし、良い姿勢を保つものになりますが、筋力不足を改善をするものではないため原因解決には至らず、コルセットやベルトに頼ってしまうことで筋力低下を招いてしまう、という考えも存在します。ほかにも、コルセットやベルトを巻いている安心感に慣れてしまいそれらが無い生活に不安を覚えて依存するような形になってしまうこともあります。ベルトやコルセットで姿勢を使用している期間に筋力トレーニングを行わないと根本から改善をするのが難しいことが多いです。

 

上記の通り市販されているような矯正グッズは効果を最大限引き出して使用することが難しいことが多いです。

さらにいうと姿勢がわるい状態が続いてしまうと筋肉にコリ、ハリ、がでるくらいになってしうと、筋肉は骨に付着しているため筋肉によって骨格に歪みが生じることもあります。そうなると筋肉の状態を改善する必要があるために矯正グッズを使用しても痛みのや姿勢の改善をすることが困難になるため矯正グッズを使用すれば全ての姿勢の悪さなどの不調が改善されるというわけではないのです。

 

結論をいうと矯正グッズは自分の身体の状態を理解し、どれが自分に合うのかをしっかり考えたたうえで使用をしなくては体の不調を改善することはむずかしいということになります。

 

お悩みについて聞きたい方はここをクリック

 

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

S.O様 腰の痛み 51歳 中原区

S.O様 腰の痛み 51歳 中原区 クリック

軽い痛みで始まった腰痛が歩くのもままならないほど悪化し、駆け込みました。痛みは初日でかなり改善されましたが、以前から気になっていた体の歪みの改善の為、楽トレと猫背矯正で半年通院したところ姿勢、症状とも良くなり大変嬉しいです。

長く通うには根気が入りますが、やはり根本的な治療が必要だと痛感しました。

痛みをなくすことが主な目的で姿勢の良士などはあまり重視していなかったのですが、見た目が良くなると言うのも良いものだと思います。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

C.I様 足の付け根の痛み 34歳 南区

C.I様 足の付け根の痛み 34歳 南区 クリック

最初は付け根の痛みとむくみのために来院したのですが、原因が骨盤のゆがみから来ているものだと調べて頂き、骨盤矯正を始めました。

16回コースの初回からすぐに効果が出始め、痛みやむくみが消えたのに加え、おしりまわりが回を重ねる度に細かくなっています。

産後5年以上たっているのにこの効果には驚きです!

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

T.H様 腰痛 57歳 木月祗園町

T.H様 腰痛 57歳 木月祗園町 クリック

骨盤矯正を始めて、2回目くらいから、まず自分でもわかるくらい姿勢が良くなったような気がしてきて、背筋がぴんとしている感じで、歩いていても足どりが軽くなってきました。

もともと体が固く前屈も苦手でしたが、回数を重ねると共に少しずつやわらかくなり、それと共に腰痛がいつの間にかなくなっていました。

もっと早くからやっていればよかったと思っています。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

Y.N様 事故 42歳

Y.N様 事故 42歳 クリック

痛い所を的確に施術してくれる。

腰が痛くて動けなかった日も、施術後は元気に動けるようになります。

子供連れでも大丈夫なので、かなりありがたい。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス