キャンペーン

胸郭出口症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩こりがひどくなると手の小指側がしびれる
  • 腕を上げ高い所で作業したとき痛い
  • 握力が落ちてきた
  • 電車のつり革につかまり同じ姿勢をとると腕がだるくなる
  • 指先が冷たく感じる

胸郭出口症候群の原因とは?|リーフ整骨院グループ

一番上の肋骨と鎖骨、斜角筋といわれる筋肉がつくる隙間を胸郭出口といいます。

この部分に腕や肩甲骨の動きや感覚を支配する腕神経叢といわれる神経や鎖骨下動静脈などの血管が通っていてます。

その腕神経叢や鎖骨下動静脈が圧迫されることで肩から指先にかけての痛みやしびれなどの症状が出てくることを胸郭出口症候群といいます。

男女比としては20~30代の女性に多く特に、なで肩や猫背姿勢の強い方に症状が現れやすいのが特徴です。男性でもトレーニングで首や肩周りの筋肉が発達し、神経や血管を圧迫し症状が現れることがあります。

また、職業柄パソコン作業が多く姿勢が悪い方や腕を上げて作業をする美容師や教師といった職業の方にも多いと言われています。

リーフ整骨院グループでの胸郭出口症候群の施術方法とは?

リーフ整骨院グループでは、胸郭出口症候群の原因を見極めるための誘発テストや姿勢の撮影を行い、首の角度や姿勢・骨格の歪みなどを確認し検査を行います。

日常生活や仕事で悪い姿勢が続くことで姿勢や骨格が歪み、筋肉の硬くなり神経や血管の圧迫につながるため、姿勢や骨格の矯正を行い姿勢の悪さを整えていきます。

続いて、コアマッスルセラピーというリーフ整骨院グループ独自の手技療法を用いて、硬くなり神経や血管を圧迫している筋肉を緩め調整していきます。

姿勢や骨格、筋肉の調整を行っても、インナーマッスル(腸腰筋など)といわれる姿勢や骨格、内臓を支える筋肉が弱かったり、うまく使えていない場合は悪い姿勢や硬い筋肉に戻り再び神経や血管の圧迫が起こってしまいます。

インナーマッスルは自分で鍛えることことができない筋肉ですが、当院では楽トレという機器を用いてインナーマッスルを鍛え再発しない体づくりに努めています。

胸郭出口症候群でお悩みの方は当院にご相談ください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス