キャンペーン

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 走った時などスポーツ時にスネのあたりが痛い
  • スネの内側に疼くような痛みがある
  • スネの痛みが強く運動をするのが困難
  • レントゲンでは問題ないと言われたが痛みが強い

シンスプリントになる原因|リーフ整骨院グループ

シンスプリントとは足のつま先を上げる筋肉などが炎症を起こし、スネの骨である脛骨の内側が痛くなる障害で脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれています。スネの下方3分の1のあたりに疼くような鈍痛があり、筋肉が骨に付着しているところに沿って症状が出ます。

多くの場合この症状はランナーやハードなトレーニングを行うようなスポーツで起きやすいです。

アスファルトやコンクリートなどの固い地面の上で繰り返しのランニングをすることや、足関節を背屈させる運動(つま先を上げる)を繰り返すことや走ることで筋肉を過剰に使いすぎていることなどが原因としてあげられます。

通常人の足部には骨のアーチ(土踏まず)がありそれを補強する役目がある筋肉で体重を支えています。

シンスプリントの改善は知識を持った整骨院へ相談下さい

通常は双方が働くことで正常な役目を果たしていますが、どちらかの機能がうまくいかないことで衝撃が吸収できなくなり足部に大きな負荷がかかり痛みが出現します。

深掘りをして行くとそもそも骨格が正しい位置にあるのか、さらに骨格を支える筋肉が正常に働けているかがとても重要になってきます。

つまり局所的に痛みが出ているところであるスネの内側だけを施術していても痛みを全て取り除くことは難しく、痛みが出ているところに負担がかかりづらい状態を作って行くことで痛みの抑制、完治に近づきます。

シンスプリントの施術|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループではなぜシンスプリントになってしまったか原因を特定するためにカウンセリング細かく行い、骨格が歪んでいないか写真撮影を行い痛みの箇所や足部を支えている箇所、骨盤周辺の体を支える筋肉などに電気治療器を用いどこが原因で痛みが出ているのかを特定していきます。

原因となっているところがどこなのかを特定しスネの内側に負荷をかけてしまっている根本的な原因となっている骨格や筋肉を調整していきます。

その後痛みが出づらいように体を整え、局所的な施術を行いスネの内側の痛みの除去を行います。

痛みが取れていない状態で我慢し続けてしまうと疲労骨折にも繋がってしまう恐れがありますので痛みのせいでスポーツを楽しめない、満足に動けないという方は一度当院でシンスプリントになっている本当の原因を探していきましょう。

また痛みがその場で取れても痛みが出やすいような姿勢や体の動かし方をしていては再び痛みが出てくる可能性があります。

痛みのその場での除去も大事ですが普段の生活での過ごし方の指導などセルフケアもお伝えしますので安心しておまかせください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス