キャンペーン

ゴルフ肘なら横浜市南区・川崎市中原区で評判のリーフ整骨院グループへ

ゴルフ肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ゴルフをしていると肘の内側が痛くなってくる
  • 湿布を貼っているが痛みが良くなる傾向がみられない
  • 手を握る、手首を動かす動作でも痛みが出てきた
  • すでに通院しているが痛みが取れない
  • 痛みが繰り返し引き起こされている

ゴルフ肘とは|リーフ整骨院グループ

ゴルフ肘とはゴルフなどのスポーツで指や手首、腕の筋肉に疲労が蓄積し腕の内側(上腕骨内側上顆)の筋腱に炎症が引き起こされ、痛みが出現している状態です。

また上腕部から肘にかけての筋肉に疲労が蓄積し同じく炎症を起こす場合もあります。

通常筋肉は年齢を重ねてもトレーニングなどにより強化・維持ができますが、腱は年相応に老化が進んでいきます。よって中高年に発生することが多いと言われています。

ゴルフ肘の原因|リーフ整骨院グループ

ゴルフ肘の主な原因としてあげられるのが、体の使い方、姿勢のゆがみ、筋力不足だと考えております。

痛みが出ている箇所が内側の骨付近であることから骨に衝撃が加わって痛みが出ていると感じてしまいますが、スイングする際のフォームが崩れて手先で打ち込んでいると肘付近の筋肉に過度な負荷がかかり痛みが出てしまいます。

手首を中心にしてスイングを行なっている、グリップに力を入れすぎている、体の捻る運動を使わずに手先のみで打ち込んでいる、両肘に力を入れすぎた状態でスイングを行なっている、脇から下を固定しすぎてスイングをしているなどの方は要注意です。

またそもそもの姿勢が崩れてしまっていたり、体幹(インナーマッスル)の不足により体を支える力が不足しているとよりフォームが崩れてしまい痛みが出やすい状態になってしまいます。

リーフ整骨院グループのゴルフ肘の施術方法とは?|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループでは患者様のお身体の状態を詳しくヒアリングや検査を行い、体の歪みや筋肉の状態、日常生活などの状態を確認しゴルフ肘の原因を見つけていきます。

ゴルフ肘での痛みは普段のスイングの癖や体の歪みなどにより肩や腕の筋肉に負荷がかかっている、姿勢を保持する筋肉(インナーマッスル)がアンバランスになっていることが多です。

痛みを取るために当院独自のコアマッスルセラピー(手技療法)を用いて筋肉を緩め、肘に負荷がかかりやすくなっている要因(姿勢不良や筋力不足)に対して矯正の施術やインナーマッスルを鍛えるEMS(電気の力を用いて筋肉を鍛える機械)を用いて体の状態を根本から改善し痛みを繰り返さない体を目指していきます。

ゴルフ肘を繰り返している、痛みが改善しないなどとお悩みの方が一度リーフ整骨院グループでのゴルフ肘の施術を体験してみてください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス