キャンペーン

ドケルバン

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手をついた時に手首が痛い
  • ペットボトルのキャップを開けれない
  • 買い物袋を持つ時に手首から親指にかけて痛みが出る
  • 子供の抱っこで痛みが走る
  • 雑巾を絞ると手首に違和感、痛みがある

ドケルバン病とは?|リーフ整骨院グループ

◎ドケルバン病とは『狭窄性腱鞘炎』とも言い、親指を動かす筋肉の使いすぎにより生じる炎症です。

手の指は日常的に使用頻度が高く、痛みを我慢してしまい、治療を始める頃には指が限界を迎えていることもあります。

どんな人が発症するの?|リーフ整骨院グループ

◎ドケルバン病は女性に多く、特に『妊娠・出産期』と『更年期』に多く発症します。

その他には

  • ・料理人

  • ・美容師

  • ・テニスプレーヤー

  • ・PC業務

など手の細かい動きを必要とする職業や長時間の作業を繰り返し行う人が発症しやすく「職業病」とも呼ばれています。

最近ではスマートフォンを片手で操作する人にも同じような症状が増えています。

ドケルバン病の原因|リーフ整骨院グループ

◎ドケルバン病の原因には大きく分けて二つあります

 ①親指の使いすぎ

親指に繰り返しの負荷をかけすぎることで、親指を伸ばす為の腱(短母指伸筋腱)やパーを作る腱(長母指外転筋腱)が傷つき、炎症が起こります。

炎症が起きることにより腱が厚くなり、腱の通り道が狭くなってしまう為、動かすたびに痛みが生じてしまいます。

手の指は使うことが多く、安静を取れないために悪循環となり悪化することが度々あります。

②女性ホルモンの変動

ドケルバン病は女性に多いのが特徴的ですが、その理由に女性ホルモンが関係しています。

腱を覆うものに「腱鞘」というものがあります。

妊娠・出産期に多く分泌される「プロゲステロン」というホルモンはこの「腱鞘」を収縮させる作用もあります。

こう言った理由もあり、腱の滑りが悪くなり炎症が起きることによって、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)になってしまいます。

ドケルバン病の予防法|リーフ整骨院グループ

◎ドケルバン病の予防法としては、同じ手、親指を使いすぎない事が重要になるので、日頃から家事やスマートフォンを利き手だけで使わないように注意する事が大事です。

また長時間の使用後はセルフケアをするなどしてしっかりとケアをする必要があります。

リーフ整骨院グループの治療法|リーフ整骨院グループ

◎リーフ整骨院ではドケルバン病に対して猫背矯正・骨盤矯正・特殊電気治療機を使い治療を行なっていきます。

骨盤が歪んでいたり、姿勢が歪んでいることによって普通ではかかる必要のない負荷が身体にかかってしまいます。

痛みの出ている部分に関しては直接、電気を当てて治療をおこなっていきます。

まずは痛みを取り除き、その後は身体の負荷を減らすために猫背矯正・骨盤矯正を行い再発予防、根本的な治療を行なっていきます。

またドケルバン病はセルフケアが重要になるので効果的なストレッチ、日常生活で気をつけるべき事などをお伝えさせていただきます。

手首、親指の痛みでお困りの方はリーフ整骨院までご相談ください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス