キャンペーン

四十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 髪を後ろで結くとき痛い
  • 洗濯物を干す時痛い
  • 夜寝る時痛くて寝付けない
  • 洋服を着替える時痛い
  • シャンプーするとき痛い

四十肩の原因とは?|リーフ整骨院グループ

四十肩は、正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。加齢による関節滑膜や筋肉、腱などの性質の変化や血液循環の悪化、デスクワークなどで同じ姿勢を続けることで肩関節周辺がこわばることで、傷つきやすい状態になることが損傷のきっかけを作ると言われています。

そして、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われています。

炎症の起きやすい部位として

  • ・上腕二頭筋腱

  • ・腱板

  • ・肩峰下滑液包

などが挙げられています。

※しかし実際のところ原因ははっきりしていません。

四十肩のメカニズム

  • 1. 加齢による血液循環の悪化で肩関節周辺の組織が炎症を起こす
  • 2. 炎症が広がってくることで腫れや痛みが生じる
  • 3. 痛みにより肩を動かすことが減り、可動域が減少しこわばりや肩に強い痛みが生じます。

※症状を放置して悪化してくると石灰沈着し関節を動かすことが出来なくなる可能性もあります。

当院の四十肩の施術方法とは?|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループでは、四十肩の原因を見極めるためにハイボルテージという機器を用いて炎症の起きている筋肉を検査し、姿勢の撮影を行い、首の角度や姿勢・骨格の歪みなどを確認します。

日常生活や仕事で悪い姿勢が続くことで首の傾きや肩の内巻き、肩甲骨の動きの制限などが血液循環の悪化や筋肉などの柔軟性が失われる原因につながりやすいため、姿勢や骨格の矯正を行い姿勢の悪さや肩関節の可動域を整えていきます。

続いて、コアマッスルセラピーというリーフ整骨院グループ独自の手技療法を用いて、筋肉を緩め血流を良くし調整していきます。

姿勢や骨格、筋肉の調整を行っても、インナーマッスル(回旋筋腱板など)といわれる肩関節を支える筋肉が弱かったり、柔軟性がない場合は痛みを繰り返す可能性があります。

インナーマッスルは自分で鍛えることができない筋肉ですが、当院では楽トレという機器を用いてインナーマッスルを鍛え再発しない体づくりに努めています。

四十肩でお悩みの方は当院にご相談ください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス