キャンペーン

変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝動き出すときに膝が痛い
  • 長時間歩いていると膝が痛い
  • 病院で軟骨がすり減っていると言われた
  • イスやソファーから立ち上がるときに痛い
  • 階段の上り下りで膝が痛い
  • 膝だけでなく、腰痛もある
  • 膝の屈伸や、正座がしにくくなった

変形性膝関節症になる原因とは?|リーフ整骨院グループ

膝の関節にはクッションの役割を果たす、軟骨があります。その軟骨が、加齢とともに、すり減っていく事により、膝の関節の中に炎症がおき痛みや、腫れ、関節の変形を引き起こします。

主な原因に、加齢に伴う軟骨のすり減りの他、年齢と共に足の筋力が低下していく事により、膝を支えきれなくなり、そこに日常生活の負担が積み重なり、痛みが出てくるケースもあります。

また、体重が増加した事による膝の負担が大きくなるケースもあります。

運動不足により、体を動かさなくなることで、体の代謝が少なくなり、体重が増加し膝が痛くなることもあります。他にも、姿勢が悪くなり、腰が曲がってしまったり、骨格や骨盤が歪んでくることにより、膝の負担が大きくなることで、発症していく事もあります。

リーフ整骨院グループの変形性膝関節症の施術方法とは?

当院ではまず、しっかりと痛みが出てきている原因を検査していきます。何故かというと、先程加齢に伴って、発症する事に触れましたが、確かに年齢によるものはあるのですが、中には軟骨がすり減っていても、膝が痛くない方もいます。

膝の痛みでも、膝以外、例えば腰や、お尻から痛みが来ている方もいます。姿勢の写真撮影や、最新の検査機器を使い、関節や筋肉を検査していきます。

膝に負担をかけている原因を検査した後は、その原因に対して治療を行います。

筋肉に対しては、当院の独自のコアマッスルセラピー(深層筋治療)を行います。

変形性膝関節症、膝の痛みでお悩みの方はリーフ整骨院グループまで!

膝周りの筋肉の構造は複雑な所もありますが、当院では筋肉を触り分ける技術を駆使したコアマッスルセラピーを用いて、筋肉の硬さや、柔軟性を回復させていきます。

また、ハイボルト治療という、筋肉、関節両方にアプローチできる機器を用いて、膝の機能回復を行う事もあります。

後は、そもそも膝に負担をかけている、姿勢、骨格の歪みを改善するためには、骨格矯正を行い、痛みが再発しないように努めています。

また、支える力が低下している場合には、インナーマッスルを強化する事も行い、最終的には治療に通わなくても、セルフケアだけでも大丈夫な状態にしていく事を感合が得ていきます。痛みの原因をはっきりさせ、日常生活でもどのような事に気を付けていかなければいけないのかも、指導や、アドバイスさせて頂きます。

変形性膝関節症、また膝の痛みでお困りの方は、気軽にお問い合わせください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス