キャンペーン

スポーツ障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 骨折・疲労骨折
  • 捻挫・打撲
  • 野球肘・野球肩
  • テニス肘

など多種多様なスポーツ障害があります。 骨折や捻挫は急性のスポーツ障害で、疲労骨折などは慢性のスポーツ障害になります。運動によって疲れきった体が、十分に癒されずに発生する障害です。軽度であれば運動する時に鈍い痛みを感じる程度で済むでしょう。

スポーツを完全に休まなくても、何とかできてしまう場合があります。といっても、多少痛みをかばいながらスポーツすることになるので、万全な調子の時よりもパフォーマンスが低下する恐れがあります。

また、運動中は平気でも運動後に激痛を感じる可能性もあります。 激しい痛みが運動後に出た場合は、すぐ横浜市南区・中原区・武蔵新城・元住吉のリーフ整骨院グループにご相談ください。

リーフ整骨院では、一人ひとりの状態を見極め、そのお客さんに合ったやり方で施術します。

スポーツ障害になる原因は?|リーフ整骨院グループ

スポーツ障害の施術自体は、痛みはほとんどありません。ストレスが生じるような施術ではないので、安心してリーフ整骨院グループまでお越しください。

スポーツ障害は「使い過ぎ症候群」とも呼ばれ、運動によって体の組織が十分回復しなかったことで起こります。だからこそ、運動後は使った筋肉をリラックスさせ、十分休ませることが大切です。

十分に休ませないと体も疲れが抜けないまま、また次のスポーツに入ることになります。

しかし体は多大なストレスを受けてしまうのです。リーフ整骨院グループでは、このようなスポーツ障害の改善にも取り組んでいますので、お気軽にご相談ください。

スポーツ障害になってしまったら?|リーフ整骨院グループ

もしあなたがスポーツ障害になってしまい、痛みや不快感が出てスポーツがしにくい状態になったら、まずは安静にしていることが重要です。

組織が変形している、骨折しているなど物理的なダメージを負っている場合もあります。 痛みや違和感があったら、平気だろうと自己判断はせず、まずは公的医療機関の整形外科に行きましょう。

ただし、そこでスポーツ障害と診断されてしまったとしても、そこから全く運動してはいけないわけではありません。

整形外科で施術することになっても、スポーツ障害を負った部分を使わない競技であればしていいことがあります。

スポーツ障害を予防するにはどうすればいい?

スポーツ障害を防ぐには、運動前に十分な準備運動をする必要があります。 特に中高年は若い時と比べると体力も筋力も衰えている場合がほとんどです。そのため、事前のウォーミングアップはマストでしょう。

横浜市南区・中原区・武蔵新城・元住吉のリーフ整骨院グループにご相談いただければ、どの程度の運動なら支障ないかどうかがアドバイスいたします。

運動前の準備運動に加え、運動後のクーリングダウンも必要です。 使った筋肉や靭帯の疲れを持ちこさないようにすることが、スポーツ障害の予防になります。

クーリングダウンの他にも、運動をいっぱいした後はしっかりした栄養と睡眠、休息をとることです。日頃から規則正しい生活を送り、栄養バランスに富んだ食生活でスポーツ障害を回避していきましょう!

当院のスポーツ障害施術とは?|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループでは、患者様の状態を詳しく検査、確認したうえで、最適なプランを提供させていただきます。

まず、ハイボルテージと呼ばれる器具で体に電気を流して、痛みや痺れが出ている原因の場所を調べると同時に、痛みや痺れを軽減させます。

そして、コアマッスルセラピーと楽トレを行うことで、アウターマッスルとインナーマッスルの両方のほぐしながら、骨格や骨盤の矯正を行います。

正しい骨格や骨盤を維持する筋肉がつくので、スポーツ障害の再発防止が期待できます。

施術の流れ|リーフ整骨院グループ

①アンケート記入・カウンセリング

アンケートを記入していただき、現在のお悩みから過去の既往歴など詳しくカウンセリングさせていただきます。

②検査

スポーツ障害の原因が身体のどこにあるか詳しく見させていただきます。

③施術

まず、ハイボルテージと呼ばれる器具で体に電気を流して、痛みや痺れが出ている原因の場所を調べると同時に、痛みや痺れを軽減させます。

そして、コアマッスルセラピーと楽トレを行うことで、アウターマッスルとインナーマッスルの両方のほぐしながら、骨格や骨盤の矯正を行います。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス