キャンペーン

眼精疲労

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 目の周りの筋肉が凝っている
  • 視力が最近低下している気がする
  • 目がかすむ
  • 目の周辺の疲れが取れない
  • 頭痛や肩こりがある

眼精疲労とはどういった状態か?|リーフ整骨院グループ

眼精疲労とは目の使い過ぎや目を酷使したことにより出る症状で、症状は局所症状ではなく全身に疲れを感じる状態を言います。

主にテレビ・パソコン・スマートフォンなどの画面を長時間見る、眼鏡やコンタクトの不具合により目に過度な負荷がかかることで症状が出ることがありますが、精神的な要因により出ることもあります。

目の仕組み、眼球は目に映ったものを脳に伝達する役割をしています。角膜と水晶体はレンズの役割、虹彩は目に入る光の量を調節する絞りの役割、眼球の奥にある網膜はフィルムのような役割をしています。

水晶体を支えている毛様体筋という筋肉が伸縮し水晶体の厚さを変え、ピントを調節させています。

眼精疲労とは主にこの毛様体筋の筋肉の使い過ぎや緊張が要因と言われています。

眼精疲労の原因とは?|リーフ整骨院グループ

眼精疲労は日常の生活が大きく関わってきます。現代人はスマートフォンやパソコンが日常生活を過ごして行く中で必要不可欠なものになっています。仕事の時間だけでなく移動中や自宅などでの使用時間が長ければ長いほど目の疲れを感じやすくなります。

またそのことにより目のピントを合わせている毛様体筋が酷使されてしまいます。毛様体筋は遠くのものを見るときは筋肉の緊張が緩むのですがパソコンやスマートフォンなど近くのものを見るときは緊張してしまうので目の疲労が溜まり、眼精疲労の原因となってしまいます。

また目のピントには自律神経が深く関係しており、遠くのものを見るときは交感神経が優位になります、この交感神経は仕事中や運動時に優位になるものでスイッチのオンオフの状態で言えばオンの状態です。

反対に近くのものを見るときには副交感神経が優位になりリラックス状態になりスイッチで言うオフの状態になります。

しかし現代社会に生きる人は自律神経のバランスが崩れやすくなっています。例えば仕事をするときは交感神経が優位になることが正常ですがデスクワークでパソコンの操作などをしていると近くのものを見ているので副交感神経が優位になってしまいます。

このようなことで自律神経のバランスが崩れてしまい眼精疲労になってしまいます。

当院の眼精疲労の施術方法とは?|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループでは患者様の状態を詳しく検査やヒアリングを行い身体の歪みや筋力や筋肉の状態、日常生活を確認し眼精疲労の原因を見つけていきます。

眼精疲労が出ている方の多くはパソコンやスマートフォンの見過ぎにより姿勢、骨格のバランスが崩れ筋肉が過度に緊張して痛みが出ている場合があります。

当院独自の手技治療(コアマッスルセラピー)で筋肉の緊張を取り除き骨格、体の歪みを整えて筋肉の緊張を正常な状態にして行くための猫背矯正なども行なっていきます。

また当院では自律神経を整えていくための鍼治療も行なっております。

眼精疲労は現代社会では多くの方が抱えているお悩みで年齢関係なく現れる症状と言われています。その辛さにお困りの方はリーフ整骨院グループにお任せ下さい!

 

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス