キャンペーン

ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • マッサージや矯正に行っても腰痛が一時的にしか良くならない
  • どの整骨院に行っても腰痛が改善しない
  • レントゲンでは異常が見つからないのにつらい腰痛の症状がある
  • 検査してみても腰痛の原因がわからず困っている
  • ヘルニアを本気で改善したい!
  • ヘルニアを何度も繰り返す
  • 前屈みの姿勢をした時腰に痛みが出やすい

ヘルニアを何度も繰り返す このようなお悩みがあれば横浜市南区・中原区・武蔵新城・元住吉のリーフ整骨院グループにお任せください!

検査でも分かなかった原因や、なかなか根本改善ができないヘルニアの不快感に向き合います。

横浜市南区・中原区・武蔵新城・元住吉でヘルニアにお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

ヘルニアの原因は?|リーフ整骨院グループ

腰痛のうち85%は心理的要因(ストレス)であると言われていますが、それ以外の理由の場合は物理的要因が絡んでいます。ヘルニアはその物理的な要因に含まれます。

椎間板ヘルニアは、背骨を構成する骨の間にある「椎間板」が、何らかの要因で飛び出してしまい、神経に触れたり炎症したりすることで発症します。

椎間板が劣化する原因には、年齢や生活習慣など後発的な要因です。

病気というよりも、慢性的な「怪我」の感覚に近いです。

ヘルニアを予防するには?|リーフ整骨院グループ

ヘルニアにならないように気をつける、あるいはこれ以上悪化しないように防ぐためにも、日常生活の身近なところで予防することができます。

椎間板ヘルニアは、猫背や反り腰の時になりやすいです。 ということは、姿勢に気を付けていればヘルニアを予防することが可能です。

すでにヘルニアを抱えている方も、猫背や反り腰にならないように注意することで悪化を防げるでしょう。

猫背や反り腰になると、その分椎間板への負担が大きくなってしまい、ヘルニアの原因になってしまいます。

横浜市南区・中原区・武蔵新城・元住吉のリーフ整骨院では、腰痛を繰り返しているお客さんに対しても、丁寧に予防法についてお伝えします。

予防法としては、継続してウォーキングを日々の生活に取り入れてみることをおすすめします。 ウォーキングは特に、上半身をよく動かします。

 

ランニングと水泳のイラストを挿入 水泳でもいいです。 運動を持続することにより、椎間板ヘルニアを予防できるでしょう。

当院のヘルニア施術とは?|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループでは、患者様の状態を詳しく検査、確認したうえで、最適なプランを提供させていただきます。

まず、ハイボルテージと呼ばれる器具で体に電気を流して、痛みや痺れが出ている原因の場所を調べると同時に、痛みや痺れを軽減させます。

そして、コアマッスルセラピーと楽トレを行うことで、アウターマッスルとインナーマッスルの両方のほぐしながら、骨格や骨盤の矯正を行います。

正しい骨格や骨盤を維持する筋肉がつくので、ヘルニアの再発防止が期待で行きます。 整えた姿勢を維持する筋力がつき再発予防につながります。

施術の流れ|リーフ整骨院グループ

①アンケート記入・カウンセリング

アンケートを記入していただき、現在のお悩みから過去の既往歴など詳しくカウンセリングさせていただきます。

②検査

ヘルニアの原因が身体のどこにあるか見させていただきます。

③施術

リーフ整骨院グループでは、コアマッスルセラピーと楽トレを行うことで、アウターマッスルとインナーマッスルの両方のほぐしながら、骨格や骨盤の矯正を行います。

シビレはどうして起きるのか?中原区の整骨院

シビレはどうして起きるのか?中原区の整骨院 クリック

長い時間の正座やあまり慣れていない体勢での睡眠、人によってはあぐらで座っていたあとなど身体の一部がシビレてしまった経験があると思います。ほかにも後遺症でシビレが残ったり、何かを境にシビレが出るようになったり人それぞれの理由でシビレを感じたことがあると思いますがシビレとはどうしてなるのかをお話しします。

 

まずシビレというのは体の中を通る神経などの感覚系の経路に何かしらの問題が起きることで出現します。

多く上がるのは神経に圧迫や絞扼がかかってしまうことで神経への血流が滞ることで起きるシビレです。手根管症候群や肘部管症候群、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などがあります。

手根管症候群は手の手根管という手につながる神経、血管、筋、腱が通る部位が存在しますが、神経などをまとめるための靭帯が何かしらの原因によって神経を圧迫してしまうことで手のひらや指にシビレが出現します。仕事やスポーツによる過度の疲労、更年期や妊娠した女性に多く見られることもあるためホルモンバランスなどが原因になると考えられいますが不明なことが多いです。

椎間板ヘルニアは脊柱の椎骨同士の間にある椎間板というクッション材の役割を持つものが一部飛び出てしまったものをいいます。脊柱から神経が出て末梢へつながりますが飛び出した部分が神経を圧迫することで腰、お尻、足にシビレが出現します。悪化すると筋力低下、排尿障害などにつながる恐れがあります。

脊柱管狭窄症は年齢による脊柱、脊柱に付着する靭帯などの変形によって脊柱管内を通る神経を圧迫することで足にシビレが出現します。脊柱管狭窄症には特徴的な症状が存在します。それは間欠性跛行と呼ばれるもので数分から数十分を歩くと足にしびれが出てきてしまうものの数分くらい前屈みの姿勢で休憩をすればまた歩けるようになるものを言います。

ほかにも筋肉が凝り固まってしまうことでシビレを誘発することもあります。多いのは首や肩から腕にかけてのシビレですが首は頭を支えたりなどのため多くの筋肉が複雑に集まり、常に働いているため疲労もしやすいです。そのために首の脊柱から出る神経を圧迫しやすくなります。圧迫がかかることでシビレが出るのは上記の通りになります。

 

ほかにも閉塞性動脈硬化症糖尿病などでにかかることでシビレが出現することがあります。これらの病気にかかると動脈硬化を引き起こし、神経を栄養する栄養血管に血液がうまく届かなくなり指先などの末梢血管などから体の異常を知らせるためにシビレがでます。放置していると痛みにへ変化します。

ビタミンの欠乏によってもシビレは起こります。ビタミンは体のなかで様々な細かい調節をするために使用されますが近年みられるようになった極度の偏食や慢性アルコール過飲者はビタミン欠乏になりやすく増加傾向にあります。ビタミン不足で有名な病気は、脚気があります。

 

上記のように様々な原因によるシビレがありますがやはり多いのは筋肉の凝り固まったものなどが多いです。

筋肉は凝り固まってしまうとシビレだけでなく色々な影響を及ぼすため理想は筋肉のコリ、ハリがない体になることがベストです。

 

シビレのお悩みがある方はここをクリック

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

高橋様 腰痛 39歳 元住吉

高橋様 腰痛 39歳 元住吉 クリック

ヘルニアの手術を行った後の腰痛が治らず、リーフ整骨院で手のマッサージと楽トレを始めました。

楽トレを始める前は、楽トレの効果に疑問をもっていましたが、30回の楽トレを終えた頃から腰痛になりづらくなってきました。前よりも長く座ることもできるようになりました。

楽トレでインナーマッスルを鍛えることが腰痛防止と実感しました。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス