キャンペーン

肋間神経痛なら横浜市南区・川崎市中原区で評判のリーフ整骨院グループへ

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 背中から胸部やその周辺に痛みがある
  • 上半身の左右どちらかのみに痛みがある
  • 急に電気が走るような痛みがある
  • 体をひねったり、曲げたりすると肋骨に痛みが出る
  • 深呼吸、咳、くしゃみをすると肋骨に痛みが出る

肋間神経痛とは?|リーフ整骨院グループ

肋間神経痛とは、ぶつけたり、激しい運動をしたわけでもないのに肋骨周辺に痛みがでる症状のことです。

身体を動かした際に突然痛みが生じるという特徴があり、上半身の左右どちらか一方だけに起こる事が多いです。数分経つと症状が消えるのも特徴です。

他にも胸のあたりが痛む、チクチク刺されるような痛みなど様々な症状を引き起こすので、別の臓器に異常があるのではないかと、不安になる方も多いです。

主に肋間神経という神経に何らかの障害、圧迫が加わって起こるものなので、この障害が取り除かれると症状も落ち着きます。

肋間神経痛の原因は?|リーフ整骨院グループ

肋間神経痛の原因としては、仕事中やパソコン作業中、寝る姿勢、寝返りなど、姿勢が悪い状態でいる時間が長くなると筋肉のコリが原因で痛みが発生していることが挙げられます。

原因を特定できない場合には、過労や睡眠不足、季節の変わり目、仕事、学校、引っ越しなどの何らかのストレスが関係していることが多いです。本人は明らかなストレスだと自覚していなくても何らかの生活の変化が関係してくることが少なくありません。

例外として、骨折などの外傷、肺炎などの病気、椎間板ヘルニアなどの解剖学的な異常。

そのほかにも、妊婦の方や骨粗鬆症による圧迫骨折が原因になっているケースがあります。

リーフ整骨院グループの肋間神経痛の施術方法とは?|リーフ整骨院グループ

肋間神経痛の主な原因は筋肉のコリですが、なぜコリができるのか?

それは、基本的に肋骨のアラインメント(並び方)異常によるものです。
そのアライメント異常を生み出してしまうのが姿勢であり、骨盤の状態です。
例えば、立位で骨盤が前傾してしまうと、腰は反り腰になり、頸はそのまま反って後ろに行く事はできないので、首を前に倒し重たい頭を体の前に持ってくることで重心を真ん中に持ってきます。

この状態で生活すると肋骨は圧迫され脊椎にも大きな負担がかかってしまいます。

また、一時的にこの痛みを取ることができたとしても、姿勢を変えなければすぐに戻ってきてしまいます。

当院は、骨盤矯正とインナーマッスルの両方にアプローチしていくことでしっかりと根本から治療させていただくことができます!

肋間神経痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にリーフ整骨院までお問い合わせください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス