キャンペーン

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の親指がくの字に曲がっている
  • 足の親指の内側が痛い
  • 指の痛みが強くヒールが履けない
  • 足の親指にしびれがある
  • 足の人差し指が上に跳ね上がっている
  • 足裏・足の指にタコやウオノメがある

「外反母趾」とは?|リーフ整骨院グループ

外反母趾とは、足の親指が外側(小指側)に向かうことを言います。

・ヒールを履く女性

・扁平足の方

・親指が人差し指より長い方

がなりやすく、段々と親指の付け根からくの字に変形して行きます。

そうすると、親指の付け根が痛んだり、指の間が疲れたり痛みが出やすくなったり、タコやマメ・魚の目が起こりやすくなったりします。

また、靴のサイズが合わないことや外反母趾用の靴しか履けず、足元のおしゃれができなくなることも多くの女性の悩みになっています。

しかし、「ヒールなどを履かなければ安心」かと言うとそうでもありません。

現代社会では歩く機会の減少によって足底のアーチがなくなるいわゆる「扁平足」が多くなっています。

扁平足になると足の横幅が広がり圧迫を受けやすくなります。それが外反母趾につながるのです。

外反母趾の原因|リーフ整骨院グループ

外反母趾の原因の外的な要因は幅の狭い靴やつま先の細くなった靴を履き続けることで親指が変形します。

足が前のめりになって滑ることで、足指が靴先で押さえつけられて指が丸まり、足のアーチが崩れてしまうことで外反母趾に繋がります。

また、ゆとりのある大きすぎる靴も外反母趾の原因となります。本来土踏まずは地面に接着せず浮いた状態にありますが、歩行時など体重がかかる際には潰れ気味になり、これに伴って親指の第1中足骨は横方向へと広がろうとします。

大きすぎる靴を履いていると足幅の広がりを抑えることができないため、中足骨部分が開いてしまい、結果的に親指は人差し指側へと傾いてしまいます。

また日常生活のでの体の使い方、骨格の歪み、バランス、筋力の低下などが根本的な原因となり負担がかかりやすくなることで症状を悪化させます。

10代の外反母趾は人差し指より親指が長かったり生まれつきの扁平足などで、遺伝的な要素も関係します。

30~40代でも発症しやすく、女性に多く発症します。

当院の外反母趾の治療|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループではなぜ外反母趾になってしまったか原因を特定するためにカウンセリング細かく行い、骨格が歪んでいないか写真撮影を行い痛みの箇所や足部を支えている箇所、骨盤周辺の体を支える筋肉などに電気治療器を用いどこが原因で痛みや外反母趾になっているかを特定していきます。

 

体の中心である骨盤が日々の生活習慣の乱れや歪み左右の足の長さに差が生まれ、片方の足のみに負担がかかるようになると外反母趾がなりやすくなります。

また、同じ理由で足のアーチ(土踏まずの部分)が潰れてしまうことも症状が長引いてしまう原因になります。

そこで当院では、身体のバランスを乱す原因である骨盤の歪みを矯正し、正しく身体を動かせる状態にしていきます。

患部に関しては状態を悪化させる足回りや測定の筋肉の緊張を取るための手技治療やストレッチを行い治療していきます。

 

また痛みがその場で取れても痛みが出やすいような姿勢や体の動かし方をしていては再び痛みが出てくる可能性があります。痛みのその場での除去も大事ですが普段の生活での過ごし方の指導や履物に対しての指導も行っていきます。

外反母趾でお悩みの方はリーフ整骨院グループまでご相談ください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス