キャンペーン

交通事故 腰痛(腰部捻挫)

  • 交通事故発生

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故に遭ってから腰痛がするようになった
  • 病院や整形外科に通院したいたが、腰に異常はないと言われてしまった…
  • 病院でもらった痛み止めの薬や湿布を使っても、一時しのぎにしかならない
  • 寝ている時も腰が痛くて、夜中に目が覚めてしまう
  • 交通事故後から、腰や背中に違和感がある

腰部捻挫とは…?|リーフ整骨院グループ

交通事故により腰椎間の靭帯や深層部の筋肉を痛めた状態です。交通事故の衝撃で腰椎が損傷を起こし、急性的な腰痛が発症します。

交通事故でよく耳にするのは、首のむち打ち症ですが、実は頸部だけではなく、腰にもむち打ち症と同じような症状が生じることがあり、腰部捻挫や腰椎捻挫などと呼ばれています。

腰椎は背骨の腰のあたり、ウェストの下くらいに位置します。腰痛などの後遺障害が残りやすく、事故後の生活の支障となってしまう可能性があるので、交通事故で腰を打撲した際には要注意です。

最初は腰の痛み程度だったのに、だんだん手や足にしびれを感じるという神経症状が出てくる場合や、日が経つにつれ痛みが治まるどころか、ひどくなってくるという場合もありますが、腰椎の炎症が原因だと考えられますので、まずはこれを抑える治療が必要となります。

交通事故後の腰痛は放置しない!|リーフ整骨院グループ

「ただの腰痛だから安静にしていれば治る」と我慢をしていると、腰の痛みがのちに後遺症となることもあるので、自己判断は禁物です。

そのまま放置していると、慢性腰痛からさらに坐骨神経痛を患ってしまうこともあります。坐骨神経痛を発症すると腰の痛みだけではなく、下半身のしびれや血流障害が長期にわたって続くことになりかねません。

また、交通事故を原因とする腰痛には腰部捻挫だけではなく、筋・筋膜性腰痛型や、仙腸関節炎型の腰痛など、様々な原因があります。

筋・筋膜性腰痛は俗に「ぎっくり腰」の原因と言われる症状で、腰回りに過度な負担がかかった時に発症します。仙腸関節炎も「ぎっくり腰」の原因のひとつですが、文字通り仙腸関節が炎症を起こした状態です。交通事故による腰痛治療は的確に原因を見極め、長期化させないことが大切です。

リーフ整骨院グループでの交通事故後の腰痛治療|リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループでは交通事故後の腰痛に対してまずカウンセリングや触診を行い、患者様の体の状態を正確に把握し原因を特定していきます。

損傷を起こしている筋肉や靭帯の炎症が起こっている部分や神経が過敏になってしまっている部分に対しては特殊な電気治療(ハイボルト治療)を行い炎症、神経の興奮を抑え痛みの緩和をしていきます。

交通事故などの急な外力が体に加わることで緊張してしまっている筋肉に対しては当院独自の手技治療(コアマッスルセラピー)で緊張を取っていきます。

また自宅での過ごし方やケアの仕方なども指導、お伝えさせていただき、事故後の腰痛の改善を目指していきます。

また治療費のご相談や保険会社とのやり取りや、書類作成のフォローなど、万全のサポート体制で、極力患者様へのストレスを軽減するよう心掛けております。交通事故に関する多くの施術経験があり、専門知識の豊富なリーフ整骨院グループにお任せください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス