キャンペーン

捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • このようなことでお困りではありませんか?
  • 足首を捻ってしまい、痛む・腫れている
  • 足を着くと強く痛む
  • 上下左右に動かすと痛む・動かしづらい
  • 触ると熱がある・痛む
  • 昔捻挫をしたところが痛む

捻挫になる原因とは?|リーフ整骨院グループ

捻挫とは、日常生活や運動時に過度に足首や手首、指等を捻ってしまい、周囲の筋肉や靭帯、腱、関節等を痛めてしまうことを言います。一番多い捻挫は足関節の内がえし捻挫です。

転んだ時や、階段を踏み外した時、人の足を踏んだ時、バランスを崩して体重をかけた時など、さまざまな場面で痛めてしまうケースがあります。

足首が内側に過度に捻られて、外側の靭帯に傷が付いてしまい、傷の度合いにより痛み・発赤・腫脹・動かした時の痛み・内出血等が起こります。

ひどい捻挫では足首がパンパンに腫れ、内出血で真っ青に、足首を触ったり足を衝いて体重をかけると痛みを感じます。また、しっかりと治さずに時間が経つと、腫れや内出血は治まりますが、周囲の筋肉や関節の傷が治りきらず痛みが出ることや、かばって歩き続けた事によって腰や股関節、膝など周りの部分に負担がかかってしまい、症状に繋がることも多々あります。

リーフ整骨院グループの捻挫の施術方法

当院での捻挫に対する施術方法として、痛めて間もないタイミングであれば、痛みに対して即効性のあるハイボルト治療を中心に、痛みや腫れを取っていく施術を行います。症状によってはハイボルト治療で大きく症状の改善が見られます。

また、スポーツやお仕事、日常生活のスケジュールと、症状の度合いによって、患者様お一人お一人に合わせて、包帯固定・テーピング固定・サポーターの使用等、一番良い固定法を提案致します。捻挫の場合は患部にどれだけ負担がかからないようにしてあげられるかが重要になります。時間が経っても痛みの取れない場合は別のところに原因のある可能性があります。

 

 

足首をかばってしまい、膝や太もも、股関節に負荷がかかること、支えるインナーマッスルが弱ってしまうことで痛みが取れていないケースがよく見られます。当院では痛みの原因がどこにあるのかを細かく検査します。日常の姿勢から膝や太もも、股関節周りに負担がかかって痛みが出ているのか、背骨を支えるインナーマッスルが衰えていることから痛みが出ているのか、痛みの根本の原因を調べます。
急な捻挫でお困りの方や、以前から足首の痛みで悩んでいる方はお気軽にご連絡ください。

各院のご案内

元住吉院

電話・時間

アクセス

ひらま駅前整骨院

電話・時間

アクセス

井土ヶ谷院

電話・時間

アクセス

武蔵新城院

電話・時間

アクセス

横浜湘南整骨院

電話・時間

アクセス